2008 年 6 月 のアーカイブ

交通教官

2008 年 6 月 30 日 月曜日

 子供を後ろに乗せて保育園から自転車で帰る時、点滅をし始めた信号を渡った。ふだんは子供への教育を考えてこういうときは止まるようにしていたのだが、今日は魔が差してしまってそのまま行ったところ、すかさず「青信号がパチパチし始めたら渡っちゃいけないんだよ」。

「ごめんね。お父さんいけないよね~。」「お父さん知らなかったでしょ。ママ知ってるよ。この前僕が教えたもん」。「へー、〇〇は誰に教えてもらったの?」「僕自分で考えたんだよ、ちょっと前に」

JR福知山線事故現場を通る

2008 年 6 月 19 日 木曜日

 先日出張で伊丹に行った折、JR福知山線に乗る機会があった。あの列車脱線事故で大勢が亡くなった現場を行き帰り往復して、ああここで事故があったんだなぁ、と思ったが、正直に言って実感はわかなかった。むしろ、列車の衝突したマンションがまだ建ったまま残されていて、事故の痕跡はもちろんあるものの、マンションは私が想像していたほどひどい痕跡は残っていないなぁ、と思ったのだ。

 しかし、家に戻ってくる途中で、たぶん僕自身が意識しないうちに自己防御本能が働いて、意識を逸らしたんだろうな、という気がしてきた。

子供のストレス

2008 年 6 月 8 日 日曜日

 最近お兄ちゃんが、学校に行く前に何度もトイレに行く。夜寝る前に全部の部屋の鍵を確認する。それを神経質だなぁーと見てきたけれど、こういう行動は確認行為と言って、ストレスが生じて心の病などを持つ人などには典型的に出る症状だということを、昨日知りました。もちろん、こういう行動以外ではそれほど目立ったことはないので、心の病というレベルではないと思うけれど。お前もいろいろとストレスを感じているんだね。

いったい褒めるべきなのか

2008 年 6 月 2 日 月曜日

 昨日はお兄ちゃんの運動会。見に行ってやると40m走1着。1位か2位になる自信はあるって言ってたもんね。でも、体育の時間にやった出場順を決めるタイム測定で手を抜くなんて、俺は教えなかったぞ! そういう小賢しい知恵をどこで身につけてきたんだ???

墓参りで

2008 年 6 月 1 日 日曜日

 昨日は上司の1周忌でお墓参り。先週の土曜日も自殺した友人の墓参りに行ってきたので2週連続。

 友人のほうの墓参りは仕事帰りにちょっと寄った。会社のすぐそばというのは便利なようでなかなか難しい。
 少し遅い時期にお参りをした昨年は、墓前で彼の叔母さんだという人にお会いして、年末に彼のご両親から20年ぶりにお便りをいただいた。彼はかなり年の離れた末っ子だったので、ご両親ともにご存命だったことに僕は驚いたけれど、あちらも、僕が未だに墓参していたことに驚いたことだろう。
 とは言え、今回は、もうそろそろ潮時かなという気がしなくはなかった。正直に言ってお墓に報告することがない。こちらも中年。「結婚したよ」「子供が生まれた」なんて挨拶はとうの昔に終え、今じゃあ「俺も頭薄くなってきた」「仕事が大変でねー」。こんなことを報告されても、当時の僕の記憶からどんな顔になり想像し何の仕事をしているか予想するのは難しいだろう。もちろんすべてお見通しなのかもしれないが。

 彼がいたので僕は「自殺」がもたらすものを意識するし、残された家族のことも気になる。誰にも、どんな理由にせよ自ら死んでは欲しくない。ましてや若い子の自殺、無理心中で道連れにされる幼児の多発には心がとても痛い。僕にでもできることがあるならば何かしたいと思っている。