JR福知山線事故現場を通る

 先日出張で伊丹に行った折、JR福知山線に乗る機会があった。あの列車脱線事故で大勢が亡くなった現場を行き帰り往復して、ああここで事故があったんだなぁ、と思ったが、正直に言って実感はわかなかった。むしろ、列車の衝突したマンションがまだ建ったまま残されていて、事故の痕跡はもちろんあるものの、マンションは私が想像していたほどひどい痕跡は残っていないなぁ、と思ったのだ。

 しかし、家に戻ってくる途中で、たぶん僕自身が意識しないうちに自己防御本能が働いて、意識を逸らしたんだろうな、という気がしてきた。

コメントは受け付けていません。