2008 年 12 月 のアーカイブ

燃費

2008 年 12 月 30 日 火曜日

 茨城県に1泊旅行。常磐道を中心に340キロ。平均13km/l。グランセニックはシートがしっかりしていて運転が楽なのが最大の利点。ただし4速しかないから100km/hを超えたくらいからエンジン音が気になるんだよね。スピードを出さずにのんびり、楽に長距離を運転したい人向き。

12人の怒れる男

2008 年 12 月 30 日 火曜日

 先日は、ニキータ・ミハルコフ版の『12人の怒れる男』を見てきました。シドニー・ルメット、ヘンリー・フォンダ版に引けを取らない素晴らしい出来。チェチェン出身の若者が(たぶんモスクワで)養父のロシア人元将校を殺害したという設定。ルメット版を踏襲しつつも、展開にさらに一ひねりがあります。そのひねり自体がロシアの絶望的な社会状況を表していて、これが昨年の作品であるということに驚かされました。

サンタのくれたもの

2008 年 12 月 25 日 木曜日

 クリスマスにサンタさん。うちは煙突がないのにどうやって入ってくるのかなー、という子供たちにサンタさんがくれたものは、お兄ちゃんには車の形になるレゴブロックと簡単な木工で作る木の家(貯金箱になるらしい)。弟君には射的ライフルとブリキの電車。特にレゴと射的が気に入ったようですが、一方で木の家はほとんど触りもせず……。レゴが作れるんだから木工だってできるはずなんだけど。射的は、サンタさんがネットでいいものないかなーと探していて、こちらで見つけました。弟君に来たものなのにお兄ちゃんとサンタさんだった人とで盛り上がっています。

今年買ってよかったもの

2008 年 12 月 23 日 火曜日

 今年もそろそろ終わり。今年買って一番気に入っているものは、

万年筆。AURORA オプティマ。今年が結婚10周年だったのでお互いに筆記具を買いました。これまで個人で持つ物にはあまり贅沢をしなかったので、ささやかな贅沢でしたが、これ、買って正解。もちろん、何度か試し書きなどして、ほかのメーカーのものも試して買ったのだけれど、軸の太さも、ペン先の柔らかさも私にはぴったり。今まで使っていたパイロットの万年筆が、ほとんど出てくる機会がなくなりました。いつも胸ポケットに挿して使っています。

 ちなみに、この3年間で一番買ってよかったものは、個人のものではないけれど、電動アシスト自転車。これに勝るものはない。みんなに勧めています。こういう本当に満足できる商品がもっとたくさん出てくれば景気なんてあっという間に回復するはずなんだけど。

マンU vs ガンバ

2008 年 12 月 18 日 木曜日

 マンチェスターユナイテッドと日本のチームが対戦する機会なんてほとんどないから、今日は行儀悪く、子どもとテレビを見ながらの夕食だった。

 予想通り、マンUはプレミアリーグとは対照的に紳士的な試合運びで、ガンバ大阪の疲れを待つ作戦?? さっさと2点取ってからは、余裕の試合運びで流す流すというようであったが、後半ガンバが1点を取り返した途端、急に試合が動き出す。その直前までベンチを温めていたフレッチャー、ルーニーが、俺にも取らせろとあっという間の5対1。よほど体が疼いていたんでしょう。遠藤のコロコロPKで5対2は、ファンデルサールはナメラレテ不愉快な顔をしていたが、それでもチームとしては本気ではなかったはず。橋本が走りこんでのミドルシュートで3点目。このとき、ファーガソン監督やファンデルサールの顔、しぐさに、明らかに納得できない色を見た。追いつくには遅すぎたけれども、残り数分はガンバを応援していてとても気持ちの良い試合であった。(5対2までは、なんか守備は捨てて攻め急ぐ感じが、日本人の玉砕信仰に近い感じで、あまり気持ちの良いものではなかったが。)

 遠藤、安田、明神、ルーカスは本当に良い動きをしていたと思う。キーパーの能力差は日本のどのチームを出しても差があるだろうなあ。

スモーキングエリアで考えた

2008 年 12 月 17 日 水曜日

仕事が忙しくていらいらしたりするとタバコを吸うことがある。ストレスがたまったらタバコ。なんかステレオタイプで、JTにうまく騙されているような気がしないでもない。どうやらタバコ税の引き上げはないらしいが、それにホッと胸をなでおろすほど吸うわけでもない。ただ、タバコを吸いたくなった時に吸う場所はかなり減ったから、それは多少不便。とうとうJRの駅も全面禁煙になるらしいし、ちょっとだけスモーカーも肩身が狭い。

ただ、これも仕方のないことだ。副流煙の害が昔より明らかなわけだじ、タバコを吸う人のマナーも劇的によくなったりしたわけでもない。20年くらい前は、隣に人がいるときはタバコを吸ってもいいですか、と声をかけるのは普通だったけれど、今やそんな光景は全く見なくなった。タバコを吸える場所が限られてきて、肩身の狭いスモーカーは吸えそうな場所では勝手に吸うのが当たり前になった。

ある意味では、スモーキングエリアにスモーカーを隔離した結果、常識的コミュニケーションが排除されて、ますます人は社会的センスを発揮する機会を減らしているのかもしれません。馬鹿になっているのかもね。

赤羽からですー

2008 年 12 月 16 日 火曜日

埼京線に乗って大宮から池袋に出た時に、どういうわけか切符を失くした。やだなーと思いながらも、自動改札機強行突破もちょっとなぁ。仕方なく脇の駅係員通路へ。そこに大きくボード掲示で「切符を失くされた方は事情をお聞きします」と書いてある。まあこういう客結構いるもんな、と思いながら「切符をなくしちゃったんですけど」と言うと……。「どこからですか?」「大宮からです」「じゃあ380円です、すいませんね」だと。

事情も聞かないなら、こんなデカ掲示出すな、と非常に不愉快な気持ちになった。

昔はたいてい勘弁してくれたんだけどね。嘘を言っているかどうかを見分けるのも駅員の能力だったはず。確かに私が失くさなきゃいいんだし、JRとしては嘘を言う奴に良い目を見させちゃならないのかもしれないが、こんなことなら「赤羽から」とでも言っておけばよかった。