今年の課題

 2009年、明けましておめでとうございます。昨年は本当に話題が暗かった。

 年越しを家なし職なしで過ごさざるを得なかった人々のニュースを見ると本当にこの世の中何とかならんもんかい、と思います。新聞では「いのちの電話」の相談員が足りず、24時間の電話相談サービスが困難になってきているという話もありました。ニーズは増えている筈ですし、相談員が必要であることは誰にでもわかることですが、自分がかかわろうというには心の余裕も物理的余裕も無くなっているのでしょう。うちの近所では最近、有機野菜などの販売店が閉店しました。そのことを聞いた時には、真面目に志高くやっている人が報われない社会って一体何だと本当に嫌な気持ちになったものです。

 志や気概を効率化、目に見える成果(数値)といったものが押しつぶそうとしています。これはつまり個人を得体のしれない大きなものがつぶしにかかっているということなのでしょう。これだけ突き回される時代だからこそ、同じ尺度で勝負をしない生き方を考えないといけないのでしょうね。今年はそれが私の課題です。

コメントは受け付けていません。