にわか陰謀論者、にわか愛国者

 今日の日経新聞夕刊の一面は「39国立病院が債務超過-07年度赤字は全体の1/3」というものでした。国立病院も独法化されて毎年運営費交付金が1%ずつ削減されているんですね。知りませんでした。 

 今日、会社で聞いてきた話では、同じように独法化された国立大学(の某東京〇〇大学)では、やはり運営費交付金が削減され成果主義?が進められていく中で、一部のスター教授(おそらくは外から研究費を取って来れる研究分野の、成果を出している教授?)が専制的に振舞って、もうほとんどアカデミックな場ではなくなってきているのだとか。

 こんなことやっていて本当に国力が上がるのか? こういう風潮が病院や大学にまで入り込むというのは、日本の国情を痛めつけておいて後でうまい汁を吸いたい、某……国の差し金だったりしないのだろうか?

コメントは受け付けていません。