反省の日々

 この10年、日本は毎年約3万人の自殺者を出している。しかし、今年はより暗い年になるかもしれない。3万人と言うと3という数字の小ささにあまり実感がわかないが、私の小学校が当時650人くらいだったから、そのイメージで計ると約50の小学校の生徒数だけ人が自ら命を絶っていくということになる。もちろん自殺者全員が小学生ではないので、小学校の数で計るのもややエキセントリックではあるのだが、想像を絶する数であることは間違いない。

 誰もが、周囲の人に自殺なんてして欲しくはないけれど、自殺をしたくなる気持ちを救ってあげられる心の余裕がない。たぶん、ただ一時、その代わり親身に話を聞いてあげるだけで随分違うだろうに。

 仕事帰りなどふと今日のコミュニケーションを振り返り、ああ今日も全くコミュニケーションを取れなかった、と反省することが多い。結果や状況の確認、判断の正否に終始して、気持ちを交わしあうことができなかったな、と思う日が多い。感情をぶつけてくる部下を遠巻きにする日も多い。毎日毎日が反省の日々。

コメントは受け付けていません。