カップラーメンとうちの子物語

 うちのおふくろはカップラーメンなどは添加物ばかりで健康によくない。ロクに栄養もない、という人だった。その刷り込みもあってか、大学生頃の一時期は食べたけれど、最近じゃあトンと御無沙汰。たぶんこの10年間の間に2回くらいしか食べていない。職場では食べている人もいるけれど、見てもぜんぜん食べたいと思わないし、スーパーではカップラーメンコーナーは目に入りさえしない。

 そんな状況なので、今朝、食事中に2番目から急に「僕カップラーメン食べてみたいなー」と言われて驚いた。「えっ、お前食ったことないの?」。あわててお兄ちゃんにも聞いてみた。「僕も食べたことないよ」。確かにまだ買い食いする年にはなっていないから、親父が買ってやらないと食べたことないんだよなー。お兄ちゃんなんかは、「別に食べたいと思ったことないよ」と言っていたのだが、それもパパママが無意識のうちに遠ざけていたからでは……。

 かくしてうちの子は社会常識のない子になっていくのでした。

コメントは受け付けていません。