人を「削減する」と表現することそのものが非人間的です

 とうとう、2万人近くの社員を抱えるにもかかわらず、その約半数を削減する会社が現れた。この会社がどうなのかは知らないが、内部留保だって相当あるだろうに、経営危機だ、人員削減って叫ぶ今の企業群はどういうモラルでもって経営をしているのだろう。そんな会社がこれまで存続を許されてきたこと自体がある意味では信じられないのだが、消費者や社会の対し方が甘ちゃんだったということだろうか? しかし、もうこうなった以上、10年20年のスパンで、人々は企業経営者の甘言を信じなくなるだろう。

コメントは受け付けていません。