‘最近のお買い物’ カテゴリーのアーカイブ

今年最後のお買いもの

2009 年 1 月 1 日 木曜日

 今年最後のお買いもの。先日茨城の笠間に行った時に笠間焼の湯のみと中鉢を購入。斉藤政秋さんという方の作品だそうで、シブいっ! この湯のみには中国茶とかほうじ茶などの茶色のお茶が似合うと思う。それで構いません。私、緑茶ほとんど飲まないんで。中鉢はどう使うかまだ決めてないけど、菜っ葉の煮びたしなんかを入れると結構いいかな。明日から使います。中鉢斉藤政秋さんの湯呑

今年買ってよかったもの

2008 年 12 月 23 日 火曜日

 今年もそろそろ終わり。今年買って一番気に入っているものは、

万年筆。AURORA オプティマ。今年が結婚10周年だったのでお互いに筆記具を買いました。これまで個人で持つ物にはあまり贅沢をしなかったので、ささやかな贅沢でしたが、これ、買って正解。もちろん、何度か試し書きなどして、ほかのメーカーのものも試して買ったのだけれど、軸の太さも、ペン先の柔らかさも私にはぴったり。今まで使っていたパイロットの万年筆が、ほとんど出てくる機会がなくなりました。いつも胸ポケットに挿して使っています。

 ちなみに、この3年間で一番買ってよかったものは、個人のものではないけれど、電動アシスト自転車。これに勝るものはない。みんなに勧めています。こういう本当に満足できる商品がもっとたくさん出てくれば景気なんてあっという間に回復するはずなんだけど。

Riki Clock

2008 年 4 月 15 日 火曜日

 そうしょっちゅう買い物をするほうではないのだが、たまたま今回は立て続け。

子供の部屋の置時計にRiki Clock WR-0401S ¥5250 を購入。白い壁のクロスに、曲げワッパ見たいな時計の枠が映える。文字盤もスッキリ。まだ時々時間を読むのが不安そうな小僧も時計を見るのが好きになるのでは。何でもこの時計、デザイナーの渡辺力さん90歳を過ぎてからの作品だとか。センスのいい人はいつまでも良いんですね。あやかりたい。

YOnoBIマグ

2008 年 4 月 13 日 日曜日

 仕事場での休憩用にマグカップを一つ。YOnoBIというブランドのH-komon fuji-amejima 
 ネットで見ていたらとてもきれいなので購入。送料込みで¥2400くらいだったかな。実物を見ると透き通った白と言うよりもやや深みのある白で5段くらいの模様がある。ビアジョッキのような持ち手はバリアフリーを考えたらこうなったんだそうで、使いよさはイマイチではないかと思っていたらやっぱり少し違和感がある。でも、そのうちに慣れるんでしょうね。デザインとしてはこうしたからより美しくなったような気がしますし、見ていてきれいだなーという点ではもう十分気に入りました。

 ちなみに、僕の周りの反応は「とうとうマグカップもってきたの」「しぶい、まあ○○さんは和風のほうがあうと思うけど」というようなものでした……。

今度はランニングシューズ

2008 年 3 月 23 日 日曜日

 物欲を満たしたので、精神的な欲求を満たしたくなったか、今日急に思いついてランニングシューズを買う。

 体が小さいのでその分太りにくいのだろう、今の体重も15年前とほぼ同じ。この間体重は中央値からプラスマイナス2kgぐらいを行ったり来たりしているので、久しぶりに会う人からは「体型変わらないね」とお褒めの言葉をもらうのだが、スッポンポンになれば昔あった筋肉は全部贅肉に変わり、見るも汚らわしい中年親父体型に。すこしは筋肉をつけなおしたくなってきた。

 試し履きで家の周りを15分くらい走ったら案の定足首の周りがしんどい。しかし体を動かすのは気持ちがよかった。続けられますように。

ようやくDVDレコーダーを買う

2008 年 3 月 22 日 土曜日

 この2、3年もういい加減で買おうかと言いながらいつまでたっても買えなかった三種の神器。それはオーブンレンジとDVDレコーダーとプリンター。買えなかった理由は、オーブンレンジは置く場所、本当に電子レンジじゃなくていいのか?(でも電子レンジは何となく嫌)。DVDレコーダーは現行機と次世代ブルーレイ、HD-DVDのいずれがいいのか?プリンターはこれも置く場所。

 そしてこのたび、DVDレコーダーを購入することにしました。ブルーレイとHD-DVDの決着がついたこのときに買ったモデルは現行のDVDレコーダー。なんのこっちゃ。でもよく考えたら、うちの使い方ではHDに録画するくらいでDVDに焼く回数なんてあまりないだろうし、うちのテレビFull-Hi-VisionではなくてHi-Visionだからブルーレイで高画質、なんて必要はあまりなかったような気がしてきた。37型とか42型テレビくらいまでは人間の視覚能力では Full-Hi-VisionとHi-Visionの画質の差なんてわからない、という説を聞いてほんだったらHi-Visionでいいわ、ってことでそういうテレビを買っていたのに、何で今までそのことに気づかなかったんだろう。これが最大の理由で、うちではブルーレイを買ってもあまり値打ちがないだろう、ということになりました。はたしてこの理屈が正しいのかどうかはよくわからんのですが。ついでに買ったモデルはパナソニックの廉価版。今まで2、3年も判断を留保してきたのはなんだったのでしょうね……。まあ人なんてそんなもんでしょうが。