マンU vs ガンバ

2008 年 12 月 18 日

 マンチェスターユナイテッドと日本のチームが対戦する機会なんてほとんどないから、今日は行儀悪く、子どもとテレビを見ながらの夕食だった。

 予想通り、マンUはプレミアリーグとは対照的に紳士的な試合運びで、ガンバ大阪の疲れを待つ作戦?? さっさと2点取ってからは、余裕の試合運びで流す流すというようであったが、後半ガンバが1点を取り返した途端、急に試合が動き出す。その直前までベンチを温めていたフレッチャー、ルーニーが、俺にも取らせろとあっという間の5対1。よほど体が疼いていたんでしょう。遠藤のコロコロPKで5対2は、ファンデルサールはナメラレテ不愉快な顔をしていたが、それでもチームとしては本気ではなかったはず。橋本が走りこんでのミドルシュートで3点目。このとき、ファーガソン監督やファンデルサールの顔、しぐさに、明らかに納得できない色を見た。追いつくには遅すぎたけれども、残り数分はガンバを応援していてとても気持ちの良い試合であった。(5対2までは、なんか守備は捨てて攻め急ぐ感じが、日本人の玉砕信仰に近い感じで、あまり気持ちの良いものではなかったが。)

 遠藤、安田、明神、ルーカスは本当に良い動きをしていたと思う。キーパーの能力差は日本のどのチームを出しても差があるだろうなあ。

スモーキングエリアで考えた

2008 年 12 月 17 日

仕事が忙しくていらいらしたりするとタバコを吸うことがある。ストレスがたまったらタバコ。なんかステレオタイプで、JTにうまく騙されているような気がしないでもない。どうやらタバコ税の引き上げはないらしいが、それにホッと胸をなでおろすほど吸うわけでもない。ただ、タバコを吸いたくなった時に吸う場所はかなり減ったから、それは多少不便。とうとうJRの駅も全面禁煙になるらしいし、ちょっとだけスモーカーも肩身が狭い。

ただ、これも仕方のないことだ。副流煙の害が昔より明らかなわけだじ、タバコを吸う人のマナーも劇的によくなったりしたわけでもない。20年くらい前は、隣に人がいるときはタバコを吸ってもいいですか、と声をかけるのは普通だったけれど、今やそんな光景は全く見なくなった。タバコを吸える場所が限られてきて、肩身の狭いスモーカーは吸えそうな場所では勝手に吸うのが当たり前になった。

ある意味では、スモーキングエリアにスモーカーを隔離した結果、常識的コミュニケーションが排除されて、ますます人は社会的センスを発揮する機会を減らしているのかもしれません。馬鹿になっているのかもね。

赤羽からですー

2008 年 12 月 16 日

埼京線に乗って大宮から池袋に出た時に、どういうわけか切符を失くした。やだなーと思いながらも、自動改札機強行突破もちょっとなぁ。仕方なく脇の駅係員通路へ。そこに大きくボード掲示で「切符を失くされた方は事情をお聞きします」と書いてある。まあこういう客結構いるもんな、と思いながら「切符をなくしちゃったんですけど」と言うと……。「どこからですか?」「大宮からです」「じゃあ380円です、すいませんね」だと。

事情も聞かないなら、こんなデカ掲示出すな、と非常に不愉快な気持ちになった。

昔はたいてい勘弁してくれたんだけどね。嘘を言っているかどうかを見分けるのも駅員の能力だったはず。確かに私が失くさなきゃいいんだし、JRとしては嘘を言う奴に良い目を見させちゃならないのかもしれないが、こんなことなら「赤羽から」とでも言っておけばよかった。

オリンピック閉幕

2008 年 8 月 24 日

  オリンピックが終わった。このイベントのおかげで小僧たちがこれまで知らなかったいろいろな国の名前を覚えた。

2人で遊ぶ時もオリンピックの影響が色濃く出て、ミニカーなどを動かしながら「アメリカ強い」「中国優勝」などとやっている。

傍らで親父は、そんなろくでもない国のことを大層に言うなや、と思っているのであった。

お泊り大会

2008 年 8 月 3 日

 金曜日の夜に子供が近所のおうちへお泊りに。何でも8人くらいのお友達が集まったとか。夜はスイカ割りをやったり花火をやったりして非常に楽しかったようだ。仕事から22:30頃に家に戻る途中、そのお宅の脇を通ったら、「みんなもう口を閉じる。これから騒いだら怒るよ」とお母さんの声。ただ実際には23時過ぎになってようやく眠ったらしい。

 このお宅はとてもオープンな家風で、私などまったく風下にも立てない。いつも子供たちがお世話になっていて、すごい家だなぁと感心している。

住宅団地をリセットしてほしい

2008 年 7 月 27 日

 吾輩の実家は都心まで出るには1時間かかる東京の田舎だが、その分自然が豊かで、まだ雑木林も結構あるところだった。「だった」は過去形で、当然変化があった訳。傾斜地を切り開いて造成が始まった。雑木林全部が丸裸にされたわけではないんだけれど。それを見てとてもあきれた。

 今時こんな交通不便な所を造成して何になるんだろう。このあたりの地価は安いから、第一次取得層向けの住宅にはちょうど良いのかもしれないが、それだったら、空き家をとりつぶして建て替えればいい。今、住宅団地を散歩すると空き家がとてもたくさんある。それこそ、このうちの何軒かに1軒は住所不定者でも入り込んでるんじゃないか、と思うくらいにたくさんある。そういうものを放置したまま、どんどん土地を切り開いて宅地化するのは感心しない。

 ヒートアイランド現象でこの1週間毎日34度。ぜひ行政の規制として、「空き家になって5年以上経つ家は、建物を取り壊して植樹をすること」を実行してもらえんだろうか。そうするとこの暑さも少しは緩和されるだろうし、人の心も穏やかになると思うのだ。最近のはやりは100年住宅、200年住宅らしいけれど、作る前に壊せ、元に戻せ、と言いたい。

教育的配慮な小父さん

2008 年 7 月 26 日

 お兄ちゃんが友達とドッヂボールをしているところへ、二番目の子を連れていくと

「これ〇〇のお父さん?」と言うから

「『これ』は物を指していう言葉だよ。こういうときは、『この人』は〇〇のお父さん? と言いなさい」と優しく諭してやった。

亡くなった中大生に捧げる

2008 年 7 月 23 日

 昨日の八王子の事件のショックは結構大きい。私は中央大学の東洋史(亡くなった方の隣の学科)出身な上に、あの本屋も時折利用していた。広くてゆったりとした結構お気に入りの書店だった。

 文学部であれば本が好きだったかもしれない、だから書店のアルバイトだったのか、下宿生だそうだからアルバイトをして少しでも家計の足しにしたかったかもしれない。まさか、駅ビルの本屋さんで働いている最中に刺されるなんて、誰も思いやしない。せっかく最終学年で、卒業論文にいそしみ、新しい社会に飛び出す準備をしていたところで、とても残念。悲しいことだよ。

 一体いつから私たちは本屋でさえ安心して居られなくなってしまったのだろう。

 犯人についてとやかく言うことすら空しい。とやかく言うことで注目されるとか勘違いする連中が大勢いる。だからこれ以上は書けない。でもとても悔しい。

 

 

親の心子知らず(サッカーシューズ編)

2008 年 7 月 21 日

 昨日、息子にサッカーのトレーニングシューズを買う。まだ小さいので、靴は1センチ刻みしかなく、そうなると、指先が痛くなるのを我慢するか、逆にブカブカなのを我慢するか、いずれかしかないのだが、前に履いていたシューズとは別の国のメーカーにすることで、0.5センチ刻みに近いところまで調整ができた。何時サッカーやめたいと言い出すかわからないけれど、逆に体にできるだけあったもので快適に練習できれば、しばらくはがんばってやってくれるかな? と。

 それなのに買ったその瞬間は喜んだ息子も、家に帰ったあとは放置したままで、昨日今日。今晩、シューズどこに置いた? と聞いてみても、足元にあるのに気付かないし。うーっむ。

グランセニックを乗る機会が本当に少ない

2008 年 7 月 19 日

 もともとろくに乗ってないのに、ガソリンが高くなってさらに乗ってもらえなくなった我が家のグランセニックくんですが、昨日仕事の都合で久しぶりに活躍。

調布→首都高→京葉道路→茂原街道→(茂原)→千葉外房道路→京葉道路→首都高→調布。しめておよそ200キロ。

行きはヨイヨイ帰りは恐い。朝は首都高に乗るまでに少し渋滞しただけで首都高もよく流れていたけれど、帰りは首都高に入るなり出るまでずーっと渋滞。誰だ、ガソリンが上がったので首都高もガラガラと言ったのは、って感じでしたが、よく考えると3連休の前の金曜日だったんですね。

 200キロの燃費は9.7キロでした。